食べやすい小ぶりな最中です。栗の形の皮に北海道産の小豆から炊きあげた小倉餡と白餡。きざんだ栗をつめました。
本葛のなめらかさの中で、抹茶たっぷりの濃茶葛と北海道産小豆の風味が交わります。濃茶の苦さと小豆の甘さが、大人の舌をうならせます。
「それぞれ」は数字にまつわる日本古来の和文様「一点文」「二結文」「三果文」「五鯉躍文」「六瓢箪文」「七宝文」を素材と味わいだけでなくおかきの形 彩りにもこだわりました。和文様の歴史は古く時代によって多彩に変化してきましたが、ずっと変わらないのは幸せになりたいという人々の願いや祈りがこめられていることです。
新着情報
    過去の更新情報はこちら